マリッジブルーの悩み解決サイト TOP ページ



マリッジブルー、結婚前に突如不安に襲われ、憂鬱な状態になることをいいます。 マリッジブルーは女性も男性もなるようです。どうやら結婚が決まると周期的にこの現象が襲ってくるようです。波があるのですね。

男性のマリッジブルーの場合、家族ができる重圧、独身ではなくなる悲しみ、自由の欠如、もっと遊びたい、この給料で本当にふたりでやっていけるのかなど、女性のマリッジブルーと比べると比較的現実の状況に対して、マリッジブルーになるようです。

女性のマリッジブルーは彼が頼りにならない、本当にこの人でいいのかしら?親の結婚式への口出し、自分の苗字が変わることへの抵抗などが主な原因です。やはり、男性の結婚に対する姿勢が女性のマリッジブルーに深く関わりがあるようです。今まではそのふたりの相談役、まとめ役としての仲人さんがいましたが、今ではすっかり仲人さんをたてることが減ってきました。また、共働きが増えたというのも影響があるのかもしれません。

このマリッジブルーは決してひとりで抱えこんでしまわないで、既に経験のある友人や先輩に相談するようにしましょう。また、彼(彼女)とよく相談することが一番大切なことです。男性も仕事が忙しいのはわかりますが、なるべく積極的に結婚式などの準備に取り組むようにしましょう。あなたのさりげない一言が結構傷つけてしまうことがあるのですよ。

挙式寸前になってマリッジブルーが破裂し、「やっぱりや〜めた」とならないように皆さんの意見を参考にし、ある程度免疫をつ けておきましょう。また、自分の体験も皆さんに伝えてあげて下さい。

当サイトでは、あらゆるマリッジブルーについての体験談、対処法、原因、等を分析しています。参考にしてみてください。

夜の夫婦生活の事



お子さんはまだのようですから、お休みの前に2人でホテルに行ってみたり、温泉や近場の旅行へ行ってみたりなど、日常に変化を起こしてみられてもいいかもしれません。ただ、そんなに深刻になってしまうと、Hが楽しめないものになってしまいますから、どうかあまり悩まずに、前向きに考えてみられてはどうでしょうか?旦那さんも、あまり深刻にされるとかえってプレッシャーになられるかもしれません。夫婦であっても・・・というより、夫婦だからこそ日常の工夫は大切だとおもいます。

旦那さんの元々の性欲や仕事内容、帰宅時間など様々なことが関係してくるとおもうので、隣は週1で家は月1だからおかしいなんてことは絶対にありません。とても幸せだということを、彼に伝えるのも効果があるかもしれません。

Hにこだわらず、マッサージしたりお風呂で触れ合ったりといった、スキンシップを楽しむ方向でも、だいぶんいいのではないかとおもいますよ!。Hの内容も、もしこれまでが淡白であったりマンネリしているのなら、あなたが少し変化させてみたり、遊び心を加えて楽しむ方へ持っていかれてもいいかもしれません。

どうぞ、あまり心配されずに今の仲のよさを素直に喜んでいかれて欲しいとおもいます。ただ、もしも少なくてあなたが多少ストレスになっているのなら、何か変化を起こされてもいいかもしれませんね。

マリッジブルーの悩み解決サイト

失って分かる大切な大事な人



もし、現在悩んでおられるならば、お相手の方に結婚する前にこういうところが不安だと打ち明けてみてはどうですか?それに対して適当な答であったり、話し合いにならないようであれば、質問者様にとっては予感的中という可能性も否定できないかな。自分自身を含めて完璧な人間なんていないのですから、不完全なその人を許容できる寛大な気持ち、あるいは忍耐が必要不可欠ではないかと。結婚に大切なものは"完璧ではない相手"を許せるかどうかだと私は思います。。

しかし、それは初めから解っている人など誰もいなくて、結婚生活において様々な経験をしていく過程で培われ、二人で乗り越えていくのだなと別居を通して思いました。。お互い話し合いながら成長していける間柄なら、それが夫婦というものかもしれませんね。

人間は失敗してナンボです。人生の苦楽を乗り越えるパートナーといったところでしょうか。ただ、失敗は恐れなくてもいいと思いますよ。

不安も心配も無く結婚したラブラブ夫婦でも、離婚する時はするのですから。お互いちゃんと話し合える間柄であれば、細かなことは問題ないと今は思います。私の場合は特殊ですが、結婚前に躊躇する事があるのであれば、必ずそれは後々までしこりとして残ると思います。

マリッジブルーの悩み解決サイト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。